壁面に注目する快適性 3

こんにちは。

今日もご覧いただきありがとうございます。

株式会社MXエンジニアリングの湊です。

さて、今日も工務店の役に立って、元気になる記事を書いていきます。

《《《2022年5月29日の日本一わかりやすいエコ住宅の作り方ブログ第310号》》》

PMVの使い方

PMVというのは、昨日もお伝えした6つの要素を入れ替えて、全体としてどの割合の方々、不快に感じるかをしめしたものです。

早速、実際に数値を入れて試してみたいと思います。

下記に、当面使えそうなWEBプログラムのリンク先を示して起きます。

PMV PPDの計算WEBプログラム

温度 (℃)

相対湿度(%) 

放射温度(℃)

気流  (m/s)

着衣量(clo) 裸0、Tシャツ、短パン0.3、長袖+ズボン0.5、カーディガン、スーツ1、ダウン+防寒ズボン3~ となります。

活動量(代謝量)(MET値)

寝ている0.8、座っている1、立っている1.2、家事全般1.6、ダンス2.4

夏のPMV

例えば、夏のこんな条件では、

室温 26度、相対湿度60%、壁の温度27度、気流0.5m/s、着衣量0.3、座っている1

PMV 0.15 PDD5.46

となります。これは、PDDの値から5.46%の人が暑いと感じるということになります。

ここから、数値を変動させて

放射温度だけを33度にします。

PMV1.98 PDD76.2となります。

これは、ほぼ無断熱の建物で、直射日光の当たっている壁の内側の温度が35度前後になった場合のPDDですが、放射温度(つまり壁の平均温度)が27度から33度になるだけで、不快だと思う人の割合が、5%から75%を越えるまで激増しているということになります。

これが、夏の夕方によく起こる、いくらエアコンで温度を下げても、なんだか暑いという状態です。

ここから、室温を23度まで下げると、

PMV 0.10 PDD5.22となります。

エアコンを効かせて、23度に室温をするとようやく、PDDが10を切ってきます。これでほとんどの人が快適という状態になりました。

つまり、断熱をしっかりすると、夏の場合は、室温が26度、壁の温度が27度程度になります。この時と、室温が23度で、壁の温度が33度の場合の快適性能はほぼ同じになるのです。

これが、PMVで再現する高断熱の住宅の夏のメリットになります。

明日は、冬についての書いておきたいと思います。

また、メルマガも頑張って毎日書いています。お申し込みは下記からお願いいたします。

    Posted by mx-eng