CW断熱

反射防水シート(構造材に外張り)

幅射熱の97%をカットする反射防水シートを外張り断熱に。太陽からの熱エネルギーを遮断することで、夏でも家に熱気がこもらず、快適な環境をつくることができます。

発泡ウレタン断熱材(柱・梁間に充填)

断熱性能に優れた硬質ウレタンを、施工現場で発泡させながら吹き付けます。それにより結露の原因となる“すきま”を防ぎます。吹くウレタンの厚さを変えることで、地域の気候差にも対応できます。

CW断熱が選ばれる理由

遮熱効果で夏涼しい

遮熱シート
アルミ熱線反射材が夏の輻射熱をカット

CW断熱の家では外周をすっぽりアルミでくるみ、車のサンシェードや非常用アルミシートと同じ原理で、太陽熱(輻射熱)を遮断します。それにより、夏室内への熱の侵入を最小限に抑え、エアコンの効果を最大限に発揮させます。

気密性が高く冬暖かい

現場発泡ウレタン
現場発泡ウレタンで隅々まで密着

袋入りグラスウールや、ウレタンボードに比べ、現場発泡ウレタンは、ウレタンの原液とガスを直接施工面に吹き付け、その場で化学反応を起こしてウレタンが膨らむ仕組みなので、細かい隙間にもぴったりとウレタンが充填されます。

施工性が良い

特殊技術不要。従来どおりの作業のみ

反射防水シート(遮熱シート)は従来の透湿防水シートを貼るように大工さんがタッカーで施工します。その後当社と契約したCW断熱施工の技術を習得したウレタン業者が現場に伺い、1~2日でウレタン吹付作業を行います。ゴミはほとんど出ません。

電気代を4割も削減

CW断熱の電気代
月々の光熱費で見るCW断熱の効果

CW断熱を新築住宅に施工した山口県長門市のOさん宅の電気代と、東京電力が公表している一般世帯の電気代を比較すると…CW断熱の家では、一般の家庭に比べ、月々にして6,110円、年間73,000円強もの電気代を削減!

初期費用も抑えられる

エアコンの設置台数を減らしてお得に

通常の一軒家の場合、エアコンを各部屋に設置するため初期費用がかなりかかってしまいます。 それに比べ、熱効率の良いCW断熱の家の場合、各階に1台ずつあれば十分快適な室温を保てるので、電気代だけでなく、エアコンの設置費用も節約できます。

家族が健康でいられる

暖かい住まいが家族の健康を守ります

グラフが示すとおり、様々な病気の死亡率は冬場がもっとも高くなります。また、病気に限らず、家庭内事故で亡くなる人の割合も、夏に比べ冬のほうが増加します。つまり、冬でも暖かいCW断熱の家は、家族の健康を守る住まいと言えます。

性能・仕様

熱伝導率(30倍発泡ウレタン)0.022(W/m・k)
省エネ基準(ZEH,BELS等)への適合UA値0.40(W/㎡・K)まで対応可能  *開口部の仕様によります
ウレタン厚さ40mm~60mm
防火認定45分取得済み *木造三階建の施工可能

MXエンジニアリングでお手伝いできること
ー 温熱環境設計 ー

Option.01

外皮計算・冷暖房負荷・光熱費シミュレーション

当社の一級建築士が設計図をもとにUA値から室温までをシミュレーション。冷暖房負荷を計算し、光熱費や室温の予測データを作成します。

Option.02

エアコン1or2台で、全館空調計画のご提案

実行予算60万円以下の全館空調計画。間取りの設計から、エアコンの機種選定、設置場所、ガラリ、ファンなどをご提案します。

Option.03

BELS等計算、認定書申請代行

当社の一級建築士が、BELSや認定低炭素、一時エネルギー消費等級5(フラット35Saプラン)等の省エネ申請に必要な計算、書類作成、申請のお手伝いをします。

Option.04

温熱環境実測用サーモグラフィー貸出サービス

当社にてプランニングした全館空調の住宅に対し、サーモグライフィーおよび、室温・外気温などの計測機器を貸与いたします。