どうして沖縄では断熱が必要ないのか? 前編

こんにちは。

今日もご覧いただきありがとうございます。

株式会社MXエンジニアリングの湊です。

さて、今日も工務店の役に立って、元気になる記事を書いていきます。

《《《2022年2月8日の日本一わかりやすいエコ住宅の作り方ブログ第205号》》》

沖縄では断熱性能はあまり関係が無い

7地域といって、鹿児島市のような南国でも、一応断熱等級4というのが決められています。なお、数値的には5~7地域は全く同じになりますので、なんというか差が全くありません。

そして、8地域に関しては、この断熱性能の規定がありません。

どうしてこんなことになるかを、当社でシミュレーション掛けてみました。

建物の間取りは、ホームズくんで提供している標準の間取りです。

この間取りは142平米とちょっと広めです。

で、4つの居室にエアコンと取り付けるパターンでシミュレーションしてみました。

当然ですが、同じ間取りですから、光値筆のうち、エアコン以外の空調、照明・家電、給湯、調理などはすべて同じ数値になります。

それを、UA値0.85と0.47で比較してみました。

エアコン4台パターンなので空調費が高めですが、結果としてこんな感じでした。

実際の数値は?

こんな感じでした。

換気     年間  ¥15,067

給湯     年間  \31,027

照明     年間    \8,323

調理・家電  年間  \77,209

なお、暖房費は沖縄の人によると、実際は少し使うということですが、0円でした。

ですので、変わるのは冷房費のみです。(下記は全部年間費用です。)

UA値0.85 エアコン4台、日射遮蔽あり  \17,514

             日射遮蔽なし  \20,135

UA値0.47 エアコン4台  日射遮蔽あり \18,574

             日射遮蔽なし \21,661

ということで、断熱性能が高くても、普通でも使う電気代には差が無いということがわかりました。

この日射遮蔽あり・なしというのは、夏の日射を積極的に遮ることを指します。

沖縄で高断熱については、条件を変えてあと1日書いていきたいと思います。

これで終わっては、沖縄での高断熱か住宅は進みませんからね。

また、メルマガも頑張って毎日書いています。お申し込みは下記からお願いいたします。

    Posted by 湊 洋一