花粉症対策と住まい

こんにちは。

今日もご覧いただきありがとうございます。

株式会社MXエンジニアリングの湊です。

さて、今日も工務店の役に立って、元気になる記事を書いていきます。

《《《2022年3月6日の日本一わかりやすいエコ住宅の作り方ブログ第229号》》》

花粉症の原因

日本人の2人のうち1人は花粉症といわれています。

なので、重い人から軽い人まで、ご自身は大丈夫でも、周りに花粉症な人は一人もいないということはありえないと思います。

ちなみに、私がマレーシアに住んでいた頃は、スギ花粉は全く飛んでいないので、花粉症というのは余り聞きませんでした。

日本の場合は、秋にはブタクサの花粉などにより花粉症が起こります。

真冬以外は年中何らかの花粉が浮遊していると思って良いのではないでしょうか。

花粉のサイズは、下記のようなサイズで、比較的大きいので肉眼でもかろうじて見えます。

インフルエンザウイルス 80 ~ 120 nm

コロナウイルス 120 ~ 160 nm

微小粒子状物質(PM2.5) 50 ~ 2500 nm(主に 100nm~300nm が多い)

浮遊粒子状物質(SPM) 2500 ~10000 nm

スギ花粉 20000 ~40000 nm

このnmという単位は、ミクロンよりも1桁小さい単位になります。

1000nm=1μmということになります。髪の毛の太さが100μm程度ですから、スギ花粉は目で見える規模です。

コロナウイルスは、この1/100のサイズですからまず目では見えません。

コロナウイルスを完全の除去できるフィルターは作る事が困難ですが、花粉であればフィルターで充分に濾しとること可能です。

更に、静電気の力で吸着することも可能です。

ということで、花粉症の方は換気扇のフィルターを全部変えてもらうとかなり楽になります。

特に今のの住宅は換気システムが必ずついています。お客様が花粉症かどうか?の確認は必要ですね。

更に、いくら天気が良くても絶対に窓を明けないという生活が必要です。

花粉症対策住宅

換気システムのフィルターと窓の解放禁止だけではありません。

これ以外に有効な花粉症対策は、玄関収納も有効です。

理由はコートなどの外で着る上着を、玄関に入ったところで脱ぐという生活をするだけで家庭に持ち込まれる花粉は充分に減らすことが可能です。

更に、乾太くんなどの乾燥機も有効です。乾太くんは、唯一排気を屋外に出すためのダクトを取り付け可能なので、これで湿気が屋外に捨てられます。

部屋干し、浴室乾燥機も有効と言えば有効で、今の時期に屋外に洗濯物を干すのは自殺行為ですからね。

ということ、花粉症対策も新居ならバッチリできます。

過分にさらされる時間を少なくすることで、花粉症が和らぐこともありますので、是非お客様に勧めて下さい。

また、メルマガも頑張って毎日書いています。お申し込みは下記からお願いいたします。

    Posted by 湊 洋一