特徴の無い工務店の変身術

こんにちは。

今日もご覧いただきありがとうございます。

株式会社MXエンジニアリングの湊です。

さて、今日も工務店の役に立って、元気になる記事を書いていきます。

《《《2022年3月7日の日本一わかりやすいエコ住宅の作り方ブログ第230号》》》

普通の工務店が変わるには

普通の工務店はなかなか生き残りが厳しくなってきました。

というのも、まず最大の問題は、建材価格の高騰です。

これまでは、価格が安いというのが1つのよりどころになっていました。

坪50万円台で家を建てられる会社といのは、1つのポイントでした。

大手が70万円どころか80万円もするような会社はお客様を選びます。

とにかく、こんな会社は要注意です。

デザインに自信が無い

性能の知識も無い

これといった特徴が無く

自然素材は健康住宅と言っている会社もありますが、意味がよくわかりません。

この工務店が変わるためには、何をどうすれば良いでしょうか。

健康住宅=エコ住宅

室内の温度差がなくて、外気温が寒い時に、暖かい室温を維持するのに必要な断熱性のは、HEAT20のG2は最低必要になります。

そして、耐震性能をあげて住宅を建てると、性能的には特徴がでます。

ただし、すぐに真似されますので、差別化は性能以外にもしておかないといません。

この間聞いた話では、じつんさえ作れば後の書類を全部工務店が作ってくれるというのもある意味価値があるんだそうです。

確かに、住宅ローンのお申し込みなどをお客様が作るとすると化南里の労力が必要になります。

これを何もしないと良いのはメリットです。

お客様にとっては価値なのですが、それをきちんとお客様に伝える努力をするというのも必要な努力です。

このように、デザインを際脱せなくても圧倒的に勝てる工務店になります。

普段からお客様が何を喜んで、何を面倒だと思うか?をきちんと文章にしておくと良いのかもしれません。

お客様へ伝える特徴は、デザインや、材料、断熱などの性能だけではありません。

むしろサービスが良い会社が選ばれるという事実もありますので、自信を持ってアピールしてください。

また、メルマガも頑張って毎日書いています。お申し込みは下記からお願いいたします。

    Posted by 湊 洋一