バリアシート

こんにちは。

今日もご覧いただきありがとうございます。

株式会社MXエンジニアリングの湊です。

さて、今日も工務店の役に立って、元気になる記事を書いていきます。

《《《2021年12月19日の日本一わかりやすいエコ住宅の作り方ブログ第155号》》》

ウレタンの湿度分布

当社が扱っているウレタンですが、30倍発泡という事で透湿抵抗値は比較的高めです。

先日お客様からシミュレーション依頼があったので比べてみました。

下記が所沢でのWUFIというソフトでの湿度シミュレーションです。

見方としては、上が温度、下が湿度ですが最大湿度が80%程度になっています。

◆繊維系断熱材の湿度分布

そして、下記がセルロースファイバーの湿度分布になります。

こちらの場合は、バリアシートがないと壁体内結露が90%を越えて限りなく100%に近くなるのでバリアシートが必要だという結論にいたりました。

この場合も、壁体内で湿度が80%を越えることはありません。

このソフトを使って、壁体内の湿度シミュレーションができるのは、非常に便利ですし安心もできるので参考になる構成が多いです。

WUFIでのシミュレーションをしてみたい方は、ご連絡ください。

また、メルマガも頑張って毎日書いています。お申し込みは下記からお願いいたします。

    Posted by 湊 洋一