本当に大切なこと。諦めない事と準備

こんにちは。

今日もご覧いただきありがとうございます。

株式会社MXエンジニアリングの湊です。

さて、今日も工務店を元気にする記事を書いていきたいと思います。

2021年7月26日の断熱ブログ第21号

今日は朝から3×3バスケットボールのボランティアに行ってきました。

3×3は、その昔、スリーオンスリーと呼んでいました。

今は、スリーエックススリーと呼びます。

きちんとしたルールが決まって競技化したからなんだそうです。

その昔、渋谷でやっていた3on3の大会に出たことがありました。

1回勝ったんですが、2回戦で負けちゃいましたが。

試合は丁寧に

オリンピックを裏と表から眺めています。

表は普通の報道です。

阿部兄妹の同時金メダルとか、史上最年少の13歳の金メダル。

凄いですよね。

今回のオリンピックは、これからもどんどん盛り上がりそうです。

毎日いろんな形で感動しています。

ありがたいです。

でも、その裏で必死に戦うアスリートが本当に沢山いらっしゃいます。

僕は。たまたま3×3バスケットのボランティアをやっているので、日本チームの女子選手と立ち話をしました。

現在、女子チームは非常に良いポジションにいて、決勝トーナメントにいけそうです。

男子チームは残念ながら決勝は逃しそうな様相ですね。

でも、男子はたった1点に泣いた試合が3つ合ったのですが、それが変わっていたら男子チームも決勝にいけたかもしれないような微妙な様相でした。

女子の激励と男子がもうちょっとだねという話をしていました。

7月25日の夜の最終試合に負けて意気消沈している

男子チームに女子マネージャーさんがいった、

『まだ終わってないよ!』

全くの他人で、ボランティアでうろうろしている

お掃除おじさんの胸に刺さりました。

そうなんです。

まだまだ、これからもチャンスはあります。

誰も見ていないところが一番大切

ちょっとこじつけ臭いですが。

どんなことでも、諦めちゃったらもうおしまいです。

耐震性能も

断熱性能も

日射取得も建物をよくする為のプランニング、

お客様に引き渡す、最後の瞬間まで、

ちょっとでも良くならないかなと、考える。

改良する。

改善する。

この繰り返しですよね。

そして、そんなものは誰も見ていません。

残念ながらオリンピックはメダルの有り無しで

アスリートの結果が大きく変わります。

でも、必死に努力した。

国を背負って戦った選手は、得がたい経験をして

なにかをつかんで帰るのではないでしょうか。

家づくりは、UA値と日射取得が建物の暖かさが

快適性を決める大きなファクターです。

日頃の準備を

そのために、必要なのが日頃の準備です。

工務店の建てる住宅というのは完成というのがありません。

建てる家、建てる家を今の技術で最善のものを提供する。

こんなもので良いだろうというのは、僕は自分への甘えだと思います。

オリンピックでリアルに戦うアスリートを身近に感じて、

やっぱり日頃の準備と試合での最後に手を抜いたら

『ホンマにアカン』、碌でもない結果になるなと思いました。

ちょっと、断熱の具体的な数値の話ではないですが、少しでも

いいものをつくる。

そこに妥協はしないというのが僕には

最終的に自分のためになるかなと思っています

今日はこのあたりで。

メルマガは下記からお申し込み下さい。こちらも毎日書いています。(^_^;

    Posted by 湊 洋一