建物のパッシブ設計を基礎から学ぶには

こんにちは。

今日もご覧いただきありがとうございます。

株式会社MXエンジニアリングの湊です。

さて、今日も工務店を元気にする記事を書いていきたいと思います。

《《《2021年10月22日の湊洋一のブログ第97号》》》

パッシブ設計ってなに?

パッシブ設計というのは何かご存じでしょうか。

このブログを読んでいる方はご存じの方も多いかもしれません。

一応、お伝えしておくとこんな感じですよね。

  1. 自然エネルギーを活用して、住宅で使うエネルギーを最小化する
  2. 電気エネルギーの活用は最低限にする

つまり、とても簡単に言えば、太陽エネルギーの熱を窓から冬は取り入れる、夏はシャットアウトして、通風なども活用しつつ家の中快適にするというものですね。

地中熱などの活用もパッシブになりますが、あまり上手に使っているのは見たことがないですね。

これに対応する言葉は、アクティブ設計というとなります。

エアコンとか、温水器など電気やガスなどのエネルギーを使って、室内環境を保つことをいいます。

まあ、100%パッシブというのはまず難しくなりますよね。ですので、何事も程度問題です。

光熱費を下げるためにできること

つまりパッシブハウスというのは、こういう風に作ります。

  1. 断熱性能をなるべく上げる
  2. 太陽光を冬は取り入れて、夏はブロックする

基本的には、この2つですね。

暖房器具はなるべくエコな物を使うという事もありますかね。

でもそれってアクティブな部分を小さくするっていうことで、パッシブ設計ではないですよね。

この、太陽光は冬取り入れて、夏はブロックするというのは下記のブログに詳しく書きました。

ということで、今日はちょっと短いですがこの辺で。

また、メルマガも頑張って毎日書いています。お申し込みは下記からお願いいたします。

    Posted by 湊 洋一