断熱等級7のススメ 2

こんにちは。

今日もご覧いただきありがとうございます。

株式会社MXエンジニアングの湊です。

さて、今日も工務店の役に立って、元気になる記事を書いていきます。

《《《2022年9月9日 日本一わかりやすいエコ住宅の作り方ブログ第408号》》》

エネルギーで考える

当然ですが、断熱等級4よりも、断熱等級5。

断熱等級5よりも、断熱等級6.断熱等級6よりも断熱等級7の方がエコです。

エコという事は、エネルギーを使う量が減るという事を意味します。

なので、こう言われているのです。

断熱等級4⇒断熱等級5 25%以上省エネ

断熱等級5⇒断熱等級6 20%以上省エネ

断熱等級6⇒断熱等級7 10%以上省エネ

これはあくまで概念ですが、断熱等級4から断熱等級5が一番省エネで、断熱等級6を断熱等級7にしてもそれほど省エネではありません。

その割に、断熱等級6⇒断熱等級7というのはコストアップが激しいですよね。

だいたい30坪ぐらいの住宅で300万円以上のコストアップが起きます。

省エネ性は低いのに、凄く高くなってしまうのが問題だと思っていました。

暖房形態で考える

そこを岩前先生はこのように考えるわけです。

各部屋間欠暖房が現状だとすると、各居室連続暖房、全館暖房と建物のエネルギーロスが変わることによっての変化に注目されています。

つまり、こうなります。

各部屋間欠暖房で断熱等級4

各居室連続暖房で断熱等級5

全館連続暖房で断熱等級6

この3つはほぼ同じエネルギー消費だということです。

そして、更に省エネを考えると、断熱等級7というのは、全館連続暖房で20%以上省エネが可能だという事ですね。

この視点は無かったので、個人的には迚もおもしろいなと思いました。

明日はもうちょっと深い話を書いて行きたいと思います。

また、メルマガも頑張って毎日書いています。お申し込みは下記からお願いいたします。

    Posted by 湊 洋一