HEAT20 G3探求  2

こんにちは。

今日もご覧いただきありがとうございます。

株式会社MXエンジニアリングの湊です。

さて、今日も工務店の役に立って、元気になる記事を書いていきます。

《《《2022年7月27日 日本一わかりやすいエコ住宅の作り方ブログ第369号》》》

代表的なG3の仕様

7月26日の計算結果から代表的な、HEAT20 の仕様を考えてみたいと思います。

窓部分 トリプル U値0.9w/平米K程度(これが固定)

その他の部分   U値0.138w/平米K

壁0.145w/平米K、天井(屋根)0.073.w/平米K、床0.18w/平米K

要するに、壁は0.145w/平米K程度あればいいという事ですね。

これは充填だけだと、例えば、GWが100ミリ程度だと16Kの高性能で熱伝導率が0.040ぐらいです。GW100ミリだと0.40w/平米Kになってしまうので、この半分いかないといけません。

ネオマフォームは。100ミリで0.22w/平米K程度なので、これでもあと少し足りません。

そのため、充填断熱だけでは難しくて、外張りが必要だという事になります。

当社の場合は、こんな仕様でG3になります。

  • EPS50ミリ+30倍発泡ウレタン80ミリ
  • GW100ミリ+30倍発泡ウレタン80ミリ
  • アキレスQ1ボード50ミリ+100倍発泡ウレタン100ミリ

例1の場合は、EPSが0.034w/mKなので、50ミリだと0.68w/平米Kで、ウレタンが0.021w/平米Kとすると80ミリで、0.26w/平米Kです。合わせると、0.20w/平米Kになります。実際は、石膏ボードなどの性能などを加えると、0.18w/平米K程度になります。

これを天井強化などで対応します。

例2の場合は、GW100ミリは、当社が32kのGWを使うので、0.038w/mKで、0.38w/平米K。これに、ウレタン80ミリで0.26w/平米Kだと、合わせると壁の熱貫流率は、0.154w/平米Kになります。これに石膏ボードなどを入れると0.15w/平米Kを切るレベルに出来ます。

例3の場合は、アキレスのウレタンフォームが熱伝導率が0.021w/mKで50ミリだと0.42w/平米Kになります。100倍発泡の100ミリは、熱伝導率が0.034程度ですから100ミリとで0.34w/平米Kになります。この場合のは壁のU値は0.18w/平米K程度になります。石膏ボードなどを入れて、0.17w/平米K程度は確保できますので、ギリギリ何とかいけると思います。

この中でコストが一番安いのが、例2の場合なので、そこそこ性能が出るのかなと思っています。

計算は本当に厄介だなと思っています。

また、メルマガも頑張って毎日書いています。お申し込みは下記からお願いいたします。

    Posted by mx-eng