エアコンはどのぐらい除湿できるのか?

こんにちは。

今日もご覧いただきありがとうございます。

株式会社MXエンジニアングの湊です。

さて、今日も工務店の役に立って、元気になる記事を書いていきます。

《《《2022年9月4日 日本一わかりやすいエコ住宅の作り方ブログ第403号》》》

◆エアコンの除湿能力

エアコンの除湿能力は,調べてみますと、いろんなデータが出てきます。

東京電力がちょっと古い(2013年)ですが、こんなデータを出しています。

冷房 2.3kg/h

再熱除湿 1.5kg/h

弱冷房除湿 1.1kg/h

特定の機種ですからあくまで参考にしてください。

いずれにしても、冷房運転の時に2.3kgもの除湿が可能ということになります。

1時間に2.3リットル最大で除湿できるということになります。

これはかなりの除湿量でとても多いのですが、実際の住宅で除湿を行っているとこんな感じです。

4時間で2リットル前後。

つまり、最大除湿量の1/4程度です。

除湿量は、フィンの温度と屋内の空気温度、水蒸気量などによっても異なります。

東京電力の例は、条件がかなり揃っていて,最大値だと思ってもらっていいようです。

冷房の場合

冷房の場合は、風量が少ない方が除湿量が多くなります。

風量が多いと、エアコンの熱交換用フィンの温度が比較的高い状態で,安定します

この時は温度を下げる効率はいいのですが、除湿は少なくなります。

その逆に、フィンの温度が思い切り下げて、風量を極限まで絞ると、フィンの温度が充分に下がって除湿量が増えます。

その時は、風量が少ないので、温度が下がりません。

つまり除湿はするけど,温度はそれほど下がらないという現象になります。

つまり、冷房において、除湿と冷房の機能は本来、同時には難しいという訳です。

また、メルマガも頑張って毎日書いています。お申し込みは下記からお願いいたします。

    Posted by 湊 洋一