夏のプランニング エアコン編2

こんにちは。

今日もご覧いただきありがとうございます。

株式会社MXエンジニアリングの湊です。

さて、今日も工務店の役に立って、元気になる記事を書いていきます。

《《《2022年8月17日 日本一わかりやすいエコ住宅の作り方ブログ第388号》》》

では、どこにつける?

では、エアコンはどこに付ければいいでしょうか?

その前に、簡単な物理の基本原理を思い出してください。

冷たい空気は重く

暖かい空気は軽い

ということです。

当たり前ですが、気球は真夏に飛ばすのは困難です。なので、気球の大会は真冬に多く行われます。

理由は、温度差です。夏だと気球を飛ばすだけの浮力が得られないのですが、真冬なら温度差がハッキリ出るので、あの大きな図体でも空に浮かせることが可能です。

気球はバスケット込みで300kg程度。更に人間が200kg程度まで乗せて飛ぶので、500kgを空に浮かせる訳ですから、かなりの浮力があるのです。

浮力というのは上に浮かせる力ですね。

ですから、暖房用のエアコンは建物の下の方がいいわけです。

そして、冷房は、当然上の方に付けるのがいいのです。

今回は夏がテーマですから、冷房用のエアコンですから、1階と2階をまとめて冷やすのであれば、冷気が1階にも2階にも通じる所に設置するのが良いです。

1階に1台、2階に2台の場合も基本は同じです。壁のなるべく上の方に付けてください。

エアコン1台での冷房

断熱性能をある程度上げると、エアコン1台で建物全体を冷やす事が可能です。

どの程度か?といえば、目安としたHEAT20のG2ぐらいでしょうか。

日射遮蔽がきちんとできていれば、ZEH程度でも問題無くエアコン1台での冷房は可能です。

冷房の設置場所は、リビング階段や吹き抜けがある場合はすぐその上が良いですね。

2階の廊下に取り付けてもいいでしょう。

そして、2階は普段はドアを開けておいていただければ、2階も全体的に冷えます。

ただし、この仕掛けで問題なのは急に冷やしたいとき。

暑いのになかなか涼しくなりません。

色々試して欲しいのですが、基本的には24時間運転です。

22度ぐらいから25度ぐらいでのその日の気温に合わせて、微調整しながら使ってみてください。

明日はこの流れをまとめますね。

また、メルマガも頑張って毎日書いています。お申し込みは下記からお願いいたします。

    Posted by 湊 洋一