住宅すごろくって知っていますか?

こんにちは。

今日もご覧いただきありがとうございます。

株式会社MXエンジニアリングの湊です。

さて、今日も工務店の役に立って、元気になる記事を書いていきます。

《《《2021年12月25日の日本一わかりやすいエコ住宅の作り方ブログ第161号》》》

住宅すごろくという言葉をご存知でしょうか?

先日、ワールドビジネスサテライトというニュース番組で取り上げられました。

https://news.yahoo.co.jp/articles/04c22e41573e305ae014b13fed352b5ce3f930f0

このニュースは元々日本経済新聞が1ヶ月ほど前に取り上げて、経済ニュースがそれほどなかったのだと思いますが、改めて取り上げたようです。

内容としては、これは都心だけですが、新築のマンション⇒売却して新築の戸建てを購入するという流れが崩れて、いきなり中古物件を購入する人が増えたというモノです。

この現象は都心部だけの現象です。

そもそも地方にはマンションなんて有りませんし。マンションが値上がるのは都心部だけです。

都心部だけというよりも、鉄道があってそこから徒歩5分以内。更にステータスが高い街だとしっかり値上がりするというモノです。

地方で、鉄道の駅が遠くて、駐車場が全員分ないようなマンションの場合は、そんなに値上がりしないという印象です。

そして、最近の現象では、東京23区内のマンションがどんどん値上がりしていて、とてもではないですが手が出ません。

新宿区のマンションで80平米ぐらいだと築20年でも平気で1億超えています。そして、最近のマンションは2LDKで60平米台の物件が多数登場してきています。

時代は少子化か、子無し夫婦が購入する物件という事になるわけです。

ですので、コンパクトサイズのマンションが流行っています。

更に中古戸建も人気に

地方では、住宅価格の値上がりが続いています。

これは建材価格の値上がりによるものです。

つまりは、最近という事でしょう。

そして、賃金は上がらないという現象が起きているので、年収350万円前後が世帯年収という方が多いです。

講演していて年収を聞くとご主人が200万円~250万円、奥様が100万円に満たないので、世帯年収が300~400万円ぐらいの方が実際住宅を建てます。

これらの方は、手取り月収がご夫婦でも20万円有りません。18万円とかですかね。

とすると、住宅に割ける費用は月額6万円ほどでしょうか。

これだと借り入れでは2,200万円が限界。

土地が500万円で建物1700万円というのが住宅の相場になります。

これが、300万円ぐらい値上がりしているのに加えて、高断熱化で200万円はかかります。つまり、2700万円は必要になってくる。

月々の支払いは、73,000円前後になります。

無理だということで、この2700万円から2割安い、2200万円前後の中古住宅が売れるというわけです。

お客様の予算は変わっていない。だって所得が上がっていないのですから。

ということが起きている昨今です。

ここで工務店がどう立ち回れば良いのか?を当社では考えています。

リノベーションの商品化を企画しています。ご質問があればお問い合わせください。

また、メルマガも頑張って毎日書いています。お申し込みは下記からお願いいたします。

    Posted by 湊 洋一