カーボンニュートラルはリノベにも

こんにちは。

今日もご覧いただきありがとうございます。

株式会社MXエンジニアリングの湊です。

さて、今日も工務店の役に立って、元気になる記事を書いていきます。

《《《2022年3月22日の日本一わかりやすいエコ住宅の作り方ブログ第244号》》》

国土交通省の方針転換

これまで、国土交通省はエコ住宅というと新築ばかりを考えてきました。ところが、今年度の予算から大きく方針転換。

これまでもリノベには補助金を付けてきたのですが、ロードマップに『既存』の文字を載りました。

これは初めてです。

下記の通り住生活基本計画にも住宅ストックという項目が入りました。

これは当然といえば当然なんですが、既存住宅が6340万戸あるのですが、新築着工棟数は80万戸台です。

これでは、6000万戸が良い性能の住宅に入れ替わるのに100年ぐらいかかってしまいます。

それでは不味いという事で、既存住宅のリノベーションに今後は補助金を傾斜配分して行きますよということになっています。

実際の補助事業

リノベ住宅の補助事業は、最大200万円まで補助金が貰えることになりました。

リノベでの200万円の補助はとても大きいですね。およそ1000万円程度のリノベ費用に200万円貰えるというのは大きいとお思います。

100万円でも充分に大きいですが。

ということで、今後はリノベにも政府はしっかり目を向けることになりそうです。

また、メルマガも頑張って毎日書いています。お申し込みは下記からお願いいたします。

    Posted by 湊 洋一