電気代が安い家 6・まとめ

こんにちは。

今日もご覧いただきありがとうございます。

株式会社MXエンジニアリングの湊です。

さて、今日も工務店の役に立って、元気になる記事を書いていきます。

《《《2022年8月25日 日本一わかりやすいエコ住宅の作り方ブログ第394号》》》

光熱費の一番のゲイナー

光熱費のうちでの最大の功労者は、照明かもしれません。

白熱球からLEDに変わったことによって。消費電力は大幅に下がりました。

60Wの白熱球レベルで、7w前後でできるそうですから、おおよそ1/8程度の消費電力です。つまり8割以上の削減率です。

建物全体でこれだけのエネルギー減少ですから、大きなイノベーションでした。

開発した日亜化学なども当初はかなり注目されてましたが、生産技術がどんどん陳腐化して、誰でも作れるようになっていますので、開発企業の日亜化学も、高輝度のヘッドライトなどの高付加価値商品にシフトしています。

一般照明は完全に中国産の独壇場です。

当然ですが、照明計画もとても重要です。

シーリングライトを極力減らすことで、ダウンライトをなるべく使って照明コストを下げて、オシャレな空間を演出することが可能です。

その他の家電は、新築の場合は多くは新型の機械を入れると思いますので、それほど大きなエネルギーが必要だとは思いません。

一番電気を食うのはテレビですね。大型化しているので、注意が必要ですね。

あまり大きなテレビは、見るのも疲れますし、個人的には最大でも55インチぐらいまでで抑えた方がいいのかもしれません。

省エネプラン

広すぎるリビングは、空間が大きくなって冷暖房のコストが大きくなります。

リビングのエコを考えれば、テレビを少し小さめに、リビングを少し狭めに創って、空間も小さくがエコのためになると思います。

各居室も無駄な広さを極力抑えれば、空調費も小さくできます。

最近は建築コストを抑えるために小さな家が流行っていますが、当然ですが小さな家は、空調コスト、照明コストも下げることができるので、何度も美味しいですね。

まとめ

省エネのために、家を建てるわけでは無いと思いますが、どんどん上がる電気代に対抗するために、下記の考え方をお伝えして起きます。

  1. 太陽光パネルは必ず付ける
  2. 給湯はエコキュートを使い、太陽光でお湯を沸かす
  3. 冷房は24時間エアコンが基本、日射遮蔽をしっかり行う
  4. 暖房は断熱と日射取得を確保しつつエアコンが基本
  5. 光熱費は、絶対LED、なるべくダウンライト
  6. プランは各居室を小さくして、気積も小さくする

こんな所でした、本当は換気で熱回収もしたほうがいいでしょうし、他にも愛ではありますが、あまり小難しいことをしても良くないです。

そんな感じでまとめていきたいと思います。

また、メルマガも頑張って毎日書いています。お申し込みは下記からお願いいたします。

    Posted by 湊 洋一