最新セミナー情報

2018年2月28日(水)福岡 リフォーム事業再始動計画プロジェクト 説明会

《《新築の見学会に集客できない方、リフォーム事業を始めたい方へ》》

これまでも何とかなった。だから、これからも
 ある工務店の経営者のお言葉です。
ですが、本当にこれからも上手くいきますか?良い商品を作っていれば、お客様がわかってくれると言って、消えてなくなった業界があります。印刷業界です。印刷業界は地元密着を合い言葉に必死に頑張ってきました。
しかし、もう印刷業界は生き残りの最後の戦いを行っています。新築も、もう甘いマーケットではなくなっているのではないでしょうか?デザイン、接客、断熱などに大きなアドバンテージがない工務店は苦しくなる一方なんじゃないか?大量の広告宣伝費を投入できないと厳しくなる一方ではないですか?

◆新築の見学会に集客できないあなたへ
 1月は過去に類を見ないぐらい新規の集客が上手くいったという話を、複数の工務店、設計士から聞きました。
先月はどこも集客が大盛況だったのです。うちには、来ていないという会社の社長からも話を伺いました。ですが、会社を潰すわけにはいかない。生き残りをかけて、リフォームに賭けるというのは、1つの答えではないでしょうか。

◆リフォーム事業を始めたい方にも
 リフォーム事業は、どんな工務店でも始められるビジネスです。年間に2~3千万円は、すぐに売り上げが上がるでしょう。それで満足であれば、それでも構いません。ですが、リフォームだけで1億円、2億円の売り上げが欲しくないですか?2億円の売り上げがあれば、おおよそ粗利は8千万円になります。社長の給料はいくらにします?

◆リフォームで1億円以上売るのなら1年間に2回買ってもらう
 リフォーム事業の難点は、新規客をどんどん集めないといけないという点です。もちろん、新築のお客様とリフォームのお客様は全くちがうので、共通の集客媒体というわけにはいきません。リフォームはリフォームのお客様を新たに集めないといけません。しかし、年に2、3回買ってもらう事が可能だとしたら、発想を変えないといけません。

◆必要なのは毎月4組の新規客だけ
 新規客毎月4組。ニュースレター発送全顧客数250組で、年商1.5億円以上売り上げを上げている工務店があります。社員は社長以外に、監督兼営業の担当者一人だけです。そのほかに女性のパートが2人いますが、それ以外は誰も居ません。社長はリフォームを始める前は、建築業界が素人でした。今でも資格は何もありません。

◆すべてのやり方を公開します
 すべてのリフォーム受注の方法を公開します。一度、話だけでも聞きに行きませんか?ただし、社長か社長のご子息以外には、ご参加いただけません。その点はご了承ください。しっかり聞いて帰って勉強してください。

 

セミナー概要

■日時・場所
  平成30年 2月20日(火)東京 2月22日(木)大阪 2月23日(金)名古屋 2月28日(水)福岡
*お申し込み頂いた方に詳しい会場地図をお送りします。
参加費:無料
講 師:プラザ・リフォーム 代表取締役 副島勝

«      »