【オンラインセミナー】2022年4月20日(水)
中古住宅リノベの実践者が語る!中古住宅リノベ実践講座

#終了,セミナー情報

また値上げ?住宅価格が当たりすぎて、あきらめる施主が激増?

皆さんも感じられていると思いますが、建材価格が上がっています。木材、住設、金物、断熱材、人工まで上がってきていますね。売値は最低でも350万円、平均500万円は上がっているのが現状ではないでしょうか。当然ですが新築を買いたくても買えないという現象が起き始めています。

◆リノベーションを取り巻く環境

一方で既存住宅・リフォーム市場規模をみると欧米諸国はリフォームが7割、新築が3割。日本はリフォームが3割、新築が7割と欧米諸国に比べて中古住宅流通が極めて小さく、今後は10軒に1軒強は空き家になるといわれていますし、リフォームの市場の活性化を目指していかなければならないのです。

既存住宅・リフォーム市場の活性化、リノベーションの役割

新築でなくちゃと思っているのは建築に携わっている人の幻想です。建てた家は末代までもというのはもう古く、住み替えてこそ住宅は資産として流通します。実際に家を建てようとしている若い世代の人も実はそのことに気づいています。 空き家が増えるのにどうするの?今まで同様に壊しては建ててを繰り替えすのはもっと大変なことになります。

実際の中古戸建の価格も上昇中

今回このような状況を踏まえて、北海道の札幌で、ほぼ中古住宅リノベだけを行っているアルティザン建築工房の新谷社長にご登壇いただいて、アルティザン建築工房の集客から、初回接客、契約に至るまでトークと、更に実際の住宅の仕様から施工までについて、語っていただくようにしました。これまで、当社でも行ってきた中古住宅リノベを、それを専業としてやっている社長にお話しいただく機会になります。新谷社長のご意向で、今回はオンラインになりますが無料でお伝えしますので、是非ご参加下さい。

講師紹介

株式会社 アルティザン建築工房
代表取締役 新谷 孝秀 先生

株式会社アルティザン建築工房 代表取締役。
札幌市内での22年間の会社を設立。創業以来、2011年に戸建て住宅のリノベーション専門会社を設立。創業以来、200棟を超えるリノベーション案件を手がける。同社のリノベーションコンセプトは、性能もデザインも妥協せずに高いコストパフォーマンスを目指すのが特徴。木造戸建住宅は長期優良住宅使用を標準とし、塗り壁材や無垢材、造作家具などを採用したデザインを提案。お客様に合わせて様々な商品をご用意することにより、幅広いユーザー層に支持されている。

セミナー概要

アルティザン建築工房の中古住宅リノベ実践講座

日程

2022年4月20日(水)

時間

13:30~15:30(予定)

場所

オンラインセミナー(ZOOM)

*お申込みの方にオンラインセミナー参加方法をご案内します

参加費

無料

*このセミナーは終了しました。ご参加ありがとうございました。

Posted by 岩谷結気