在来工法の弱点 Vol.944 2019年3月7日号

おはようございます。
みなとです!
一昨日は岐阜まで出かけたのですが、
なんと空振り。
そして、昨日は松尾先生のエコ住宅講座の
プラン編をやってきましたが、
住宅のプランニングは、普通の営業マンが行うものと
全くちがうので頭を使いますね。
最近の新建ハウジングに出ていましたが
等時間日影図を使ってプランをします。

今日も『1分で読める』をテーマに工務店経営に役立つ情報を提供していきます。
よろしくお願いいたします。

在来工法の弱点

ほとんどの工務店さんが在来工法で住宅を
建てておられると思います。
そして、在来工法で住宅を建てている会社は
日本以外ではあまり無いというのもご存じだと思います。

在来工法というのは、梁と柱で構造を持たせている工法でして、
これは日本の伝統工法、社寺建築などからの発展系なんですね。
元々伝統工法は、地震に対してエネルギーを
受け流すように作ってありますが、在来工法は
一応工業製品的な配慮から誰が作っても
同じようにできる配慮があります。
ですので、エネルギーは受け止める方向で、
現在は考えられています。

欧州でも柱はりの工法の建物があります。
これに対して、米国を中心として2×4という工法があります。
これは完全に壁で持たせる様になっています。

在来工法の弱点は、いろんな方が色々おっしゃっていますが、
僕は木材の規格というのが最大の弱点だと思っています。

北陸や四国では4寸が当たり前の地域も多いのですが、
その他の地域では、3寸5部の幅が柱とハリの幅
という事になっています。
スパンを飛ばすために、ハリせいをあげる事で
対応していますが、ハリの高さには自ずと限界がある訳です。

建物の強度を上げるには、筋交いや構造用合板などで
各部分の剛性をあげるという事を多くの方が
考えておられますが、それよりもフレームを
大きくした方が理にかなっていますよね。

ただし、柱サイズを大きくするとコストが極端に上がります。
ということで、基本的な構造の問題を最大限合理的に
対応したのが2x4という事にはなります。

だったら、2x4のほうが良いのか?という事になりますが、
もちろんそちらにも欠点はありますので、どちらが良いのか?

個人的には、マーケットの判断ですから数が多い方が
最終的には優れているとも思うのですが、
なかなか優劣というのは決められないと思いますね。

でも、もう少し2x4を作る会社がでてきても
良いのになとも思ってしまいます。
実は、2x4の方が断熱性能を上げる事に
関しては自由度が高いのですよね。


セミナーのご案内

⇒2019年4月 新・ど演歌チラシセミナー東京/大阪で開催
https://mx-eng.jp/doenkachirasiseminar-2/

⇒ど演歌チラシ制作実践セミナーDVD申し込み
https://mx-eng.jp/doenkachirasiseminar/

⇒2019年2月6日東京、7日大阪 究極のインスタDVD発売!
https://mx-eng.jp/kyukyokunoinstagramseminar/

⇒1年後の売上を追加するための手段!リフォームで大復活!
https://mx-eng.jp/reform20180525-2/


ⅯXエンジニアリングのセミナーにご参加いただいた方、
お名刺を頂戴した方にメールでお届けしています。

毎朝届くメルマガの読者登録はコチラから!(*外部サイトが開きます)

★1分で読める!ほぼ日刊MXニュース ★ 読者登録

フェイスブックにも記事を投稿していますので、
良かったら友達申請をしてください。
よろしくお願いいたします。
http://www.facebook.com/photon55/

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★
★☆ メルマガ発行元☆★
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋3-4-3 坂田ビル 7F
株式会社MXエンジニアリング
執筆・文責:代表取締役 湊 洋一
TEL:03-3265-4881/ FAX:03-3265-4882
MAIL:minato@mx-eng.jp
☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★