1. HOME
  2. ブログ
  3. 日刊MXニュース
  4. 【参考情報】共感マップ Vol.877 2018年12月30日号

NEWS

最新情報

日刊MXニュース

【参考情報】共感マップ Vol.877 2018年12月30日号

おはようございます。
みなとです!
今日から家族でちょっとスキーに行ってきます。
地獄谷温泉というところでは猿が温泉に浸かっているのですが、
その近くで泊まろうかなと思っております。

今日も『1分で読める』をテーマに工務店経営に役立つ情報を提供していきます。
よろしくお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    【参考情報】共感マップ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今年最後の参考情報は、『共感マップ』です。
ここからダウンロードできます。
https://github.com/and-design/empathy-map
(中央部右端にあるclone or downloadを推すとDLできます。)

これはお客様が考えていることを理解するために使います。
いわゆるペルソナをつくるまでは一般的な
マーケッターは教えますが、そのお客様に
寄り添うためのツールの存在までは
なかなか教えませんからね。

具体的な使い方

1. まず、ゴールから考えます。
誰が共感マップの主人公で、あなたは何をしてほしいのか。
これは新しい観察可能な行動から形作られる必要があります。

2. ゴールを明確にしたら、キャンバスを
時計回りで作業していきましょう。
「見る」「言う」「やる」「聞く」の順番です。
観察可能な現象(目に見えるもの、聞くもの)に
集中することによりその対象に深く
共感できるようになります。
彼らの経験がどのようなものか想像する機会となり、
「彼らのように感じる」感覚に近づきます。

3. 外側の要素を埋めてから、頭の中の動きに
フォーカスしはじめます。
まずは、外面的なもの、次には内面を考えて
100%理解する必要があるのです。

4. 当然ですが、これはあくまで想定ですので、
実際のお客様と接してしばらくしたあと、
これを直していけばどんどん正確にお客様に共感して、
お客様の行動を予測できるようになります。


セミナーのご案内

⇒2019年1月 ど演歌チラシ制作基礎講座
1月17日(木)名古屋
https://mx-eng.jp/doenkachirasiseminar/

⇒2019年1月18~22日 BAUメッセ+メゾン・エ・オブジェご招待
https://mx-eng.jp/2019baumesse/

⇒2019年2月6日東京、7日大阪 究極のインスタセミナー
https://mx-eng.jp/kyukyokunoinstagramseminar/

⇒1年後の売上を追加するための手段!リフォームで大復活!
https://mx-eng.jp/reform20180525-2/


ⅯXエンジニアリングのセミナーにご参加いただいた方、
お名刺を頂戴した方にメールでお届けしています。

毎朝届くメルマガの読者登録はコチラから!(*外部サイトが開きます)

★1分で読める!ほぼ日刊MXニュース ★ 読者登録

フェイスブックにも記事を投稿していますので、
良かったら友達申請をしてください。
よろしくお願いいたします。
http://www.facebook.com/photon55/

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★
★☆ メルマガ発行元☆★
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋3-4-3 坂田ビル 7F
株式会社MXエンジニアリング
執筆・文責:代表取締役 湊 洋一
TEL:03-3265-4881/ FAX:03-3265-4882
MAIL:minato@mx-eng.jp
☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★

関連記事