日刊MXニュース

★1分で読める!ほぼ日刊MXニュース ★Vol.257 2017年4月13日号

おはようございます。

桜は終わったと思っていたら
まだまだ頑張っている木がありますね。
今年の桜は樹木により個体差が大きいです。。
                  
今日も『1分で読める』をテーマに工務店経営に役立つ情報を提供していきます。
よろしくお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                       表現は解りやすく
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最近すごく思うんですが、皆さんプロだからって難しい言葉使いすぎです。

まずは、ZEH、BELSなどの業界で新しい専門用語。
さらに、柱や壁以外の例えば、根太、胴差しなどの専門用語。
不動産などでの例えば滅失登記、容積率などという専門用語。

これらは全部使わない方が良い言葉です。
もちろん、不動産を表現するときにどうしても使わないといけない言葉は致し方ないと思いますが、
広告やWEBなどでは使う場合は、必ずわかりやすい解説をつけるか、言い換えてください。

でないとお客様は理解してくれません。

皆さんも難しい技術書を読んでいると混乱して、眠くなってしまうと思います。
少なくとも僕はそうですね。
難しそうな本はまず読み切ることをしません。

例えば、ZEHなどはセキスイハイムさんのこのような提案が良いのではないでしょうか。
http://sekisuiheim.com/spcontent/spsex/zero/index02.html

『セキスイハイムは、光熱費ゼロハイム』というのは、実際は計算してみないと
いけないのにも関わらず、これでお客様は引きつけられてしまいます。

これは、節約できるとか、エコというよりも、ゼロ円と言いきった方が印象に残ります。
実際にゼロ円にできるかどうかは、お客様としては覚えていません。
質問されたら答えられるように準備さえしておいたら良いと思います。

要するにいかに解りやすく伝えるかですね。
僕はこう言っています。
小学5年生でも解る様にしてくださいと。
小学5年生の日本語能力は全く問題ないですが、難しいことは一切知りませんからね。
  
               
様々な工務店経営の課題(集客・営業・跡継ぎなど)を受け付けております。
何なりとご質問ください。
早急に対応させていただきます。
お問い合わせフォーム

フェイスブックの友達をもっと増やしていきたいので、
良かったら工務店経営者の方々をご紹介いただきたいと思います。
フェイスブックでは、決して感じの悪い事や売り込みをしませんのでご紹介いただいても、
問題ないことをお約束いたします。
湊洋一FaceBook

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★

本記事はMXエンジニアリングのメルマガにて配信しています。

下記よりご登録頂きますと、ご指定のアドレス宛に
メルマガをお届けします。

メルマガ登録はこちらから

★☆ メルマガ発行元☆★
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋3-4-3 坂田ビル 7F
株式会社MXエンジニアリング 
TEL:03-3265-4881/ FAX:03-3265-4882
☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★

«