日刊MXニュース

★1分で読める!ほぼ日刊MXニュース ★Vol.234 2017年3月21日号

おはようございます。

当社の売りはやっぱり断熱周りなんですね。
今後はマーケティングと両輪で一層努力いたします。
断熱などで困っていることがあれば、何なりとお問い合わせくださいませ。
                        
今日も『1分で読める』をテーマに工務店経営に役立つ情報を提供していきます。
よろしくお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                  強化外皮基準ZEH
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この度、来年の4月から外皮強化型ZEHが標準化します。
(実際の補助金の受付は5月中旬からです。)

これは、これまでのZEH基準を上回る仕様になっておりまして、5地域ではUA値0.4、
6地域でもUA値0.5が必要になります。

これがZEH補助金の加点要因になる様ですね。
何点加点かはまだ未決定です。

この他に、電力使用量を計測することでの加点が新設されるようです。
また、はじめて補助金をもらう工務店の加点は継続です。

つまりは、強化外皮基準によるZEHでないとZEHの補助金が通らなくなってくると思われます。
UA値0.4というのは、グラスウールの断熱ではもう対応出来ないので、外張り断熱となる水準です。

ところが、CW断熱ではUA値0.4程度までであれば対応が可能になっています。
もちろん窓の性能、設計にもよるんですが。

それと基礎断熱をそろそろ真剣に考えていただいた方が良いのかなと思っております。
理由は、基礎断熱の方が壁や屋根の断熱が減らせるからなんですよね。
ですので、全体最適を求めるのであれば、強化外皮基準ZEHでさらに
基礎断熱を考えていただいたらどうかなと思います。
ただし、その場合は床下の換気は何らかのものが必要なんじゃ無いだろうかと思う次第であります。

  
様々な工務店経営の課題(集客・営業・跡継ぎなど)を受け付けております。
何なりとご質問ください。
早急に対応させていただきます。
お問い合わせフォーム

フェイスブックの友達をもっと増やしていきたいので、
良かったら工務店経営者の方々をご紹介いただきたいと思います。
フェイスブックでは、決して感じの悪い事や売り込みをしませんのでご紹介いただいても、
問題ないことをお約束いたします。
湊洋一FaceBook

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★

本記事はMXエンジニアリングのメルマガにて配信しています。

下記よりご登録頂きますと、ご指定のアドレス宛に
メルマガをお届けします。

メルマガ登録はこちらから

★☆ メルマガ発行元☆★
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋3-4-3 坂田ビル 7F
株式会社MXエンジニアリング 
TEL:03-3265-4881/ FAX:03-3265-4882
☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★

«      »