日刊MXニュース

★1分で読める!ほぼ日刊MXニュース ★Vol.163 2017年1月9日号

おはようございます。

今日は広島で打合せです。
明日の広島でのZEHエコハウスセミナーの前に愛媛県の業者の方と会議です。
先週も開運系の出版の打合せがありましたが、一体何屋さんなのか解らない感じになってきましたね。
      
今日も『1分で読める』をテーマに工務店経営に役立つ情報を提供していきます。
よろしくお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                     最高の断熱材とは?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

たまには専門の断熱について考えてみたいと思います。

理由は、社員からメルマガで断熱の話をしっかり書いて下さいと言われたからなんですが、
確かに今までZEHの話は書いてきましたが断熱の話をあまり書いてきませんでしたね。

断熱の歴史は、ご存知のとおりにグラスウールが北海道に入ってきてからスタートしました。
それが、東北、九州とどんどん日本全国に広がりました。
その後、ロックウール、セルロースファイバー、羊毛、サーモウール、発泡ウレタン、
ウレタンボード、EPS、フェノール系ボードと種類も厚さもどんどん幅広くなってきて
現在至っています。

よく工務店さんに聞かれるのは、どんな断熱材が良いのか?と言う質問です。

これに関しては、もちろん当社が販売しているCW断熱が一番いいと答えています。

理由は、透湿抵抗値と断熱性能に加えて、遮熱性能です。

様々な断熱材の中にあって、気密性と断熱性を同時に兼ね備えているのは、
当社が使っている30倍発泡の断熱材以外実は無いんですね。

100倍発泡のウレタンは、30倍発泡に比べて断熱性能が64%しかありません。
また、透湿抵抗値にいたって7倍ほど値が違うのです。

フェノール系ボードの方が断熱性能だけでいえば数値が良いのですが、
これはボードなので現場でカットしないといけません。
外張りの場合は、別な意味で施工力が無いとあとあと問題が出てきます。

その他の繊維系断熱材(グラスウール、ロックウールなど)は、バリア層があるという条件で
透湿性能は問題無いかもしれませんね。
ただし、断熱性能があまり高くないので、アクリアネクストなどでもZEH基準以上は
外張りをやらないと性能が出ないという事になりかねませんよね。

ただし、CW断熱も100倍発泡のウレタンに比べて高額というデメリットもありますので、
何をお客様に訴えたいか?によって、使う断熱材は違うものになります。

でも、100倍発泡ウレタンとCW断熱の価格差は1棟あたり精々30~50万円と
言ったところですので、売値にして数十万円になると思います。
であれば、どうせなら良い物を提案して欲しいなと売り手としては思うんですが。。。

遮熱性能に関しては、あらためて書かせてもらいます。
    
                  
様々な工務店経営の課題(集客・営業・跡継ぎなど)を受け付けております。
何なりとご質問ください。
早急に対応させていただきます。
お問い合わせフォーム

フェイスブックの友達をもっと増やしていきたいので、
良かったら工務店経営者の方々をご紹介いただきたいと思います。
フェイスブックでは、決して感じの悪い事や売り込みをしませんのでご紹介いただいても、
問題ないことをお約束いたします。
湊洋一FaceBook

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★

本記事はMXエンジニアリングのメルマガにて配信しています。

下記よりご登録頂きますと、ご指定のアドレス宛に
メルマガをお届けします。

メルマガ登録はこちらから

★☆ メルマガ発行元☆★
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋3-4-3 坂田ビル 7F
株式会社MXエンジニアリング 
TEL:03-3265-4881/ FAX:03-3265-4882
☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★

«      »