日刊MXニュース

★1分で読める!ほぼ日刊MXニュース ★Vol.114 2016年11月16日号

おはようございます。

移動が多いと本当に無駄だなと思います。
今日は電車で1時間前後の移動。
こんな移動が一番無駄に感じます。
だって、車中では仕事ができませんからね。
  
今日も『1分で読める』をテーマに工務店経営に役立つ情報を提供していきます。
よろしくお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                基準を変えれば全てが変わる
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今日は、プチスーパームーンがみられないかなと思っております。
日曜日の月は見たんですけどね。
  
さて、現在赤澤宣幸の地域NO.1WEB塾のフォローアップに回っております。
基本的にWEBの診断を無料で行っております。
WEB診断は引き続き無料で行います。
交通費だけご負担いただければ、皆さんのWEBを見て回りますよ。
  
そこで気がついたのですが、
いろんな工務店さんがあるのですが社長の意識の差だけで
業績が大きく異なるんだろうなという問題です。
 
ここに2人の営業マンがいます。
才能もルックスも経験もやる気もほとんど同じだった場合は、
本来2人とも同じ受注棟数であるはずなのですが、
1人は年間に15棟受注、もう1人は3棟しか受注していません。
   
その差は何かといえば、15棟受注する人の会社のトップ営業マンは年間35棟取ります。
常に手を変え品を変え、集客も充分にあります。
月に新規のお客様は5組以上接客できる環境にあります。
  
もう1人の営業マンは、社長の受注棟数が年間5棟です。
社長と2人で営業をして、年間に8棟の受注の工務店です。

多分、2人を入れ替えても同じ結果にはなりません。
というのは、15棟受注するのが当たり前で、その会社の中ではトップ営業マンではないから、
自分でそれが普通(つまり基準)だったりします。

また、3棟取る営業マンは、年間に35棟取る営業マンと一緒に
仕事をすると10棟以上の受注を勝ち取る可能性があります。

つまり、どこがスタンダードかという事です。
それを変えることで自然に受注棟数を上げることが可能なんですよね。

これは、集客においても、営業においても全く同じ事がいえますね。
なるべくスタンダードを高く保っていたいものです。 
      
様々な工務店経営の課題(集客・営業・跡継ぎなど)を受け付けております。
何なりとご質問ください。
早急に対応させていただきます。
お問い合わせフォーム

フェイスブックの友達をもっと増やしていきたいので、
良かったら工務店経営者の方々をご紹介いただきたいと思います。
フェイスブックでは、決して感じの悪い事や売り込みをしませんのでご紹介いただいても、
問題ないことをお約束いたします。
湊洋一FaceBook

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★

本記事はMXエンジニアリングのメルマガにて配信しています。

下記よりご登録頂きますと、ご指定のアドレス宛に
メルマガをお届けします。

メルマガ登録はこちらから

★☆ メルマガ発行元☆★
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋3-4-3 坂田ビル 7F
株式会社MXエンジニアリング 
TEL:03-3265-4881/ FAX:03-3265-4882
☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★

«      »