日刊MXニュース

★1分で読める!ほぼ日刊MXニュース ★ Vol.95 2016年10月28日号

おはようございます。

しかし、今年の日本シリーズは面白いですね。
1点差、大量得点、ホームラン、名選手の引退、剛速球、二刀流などドラマ化必至です。
でも、ジャイアンツもタイガースもホークスも出てこないのにこんなに面白いんですからすごいです。
    
今日も『1分で読める』をテーマに工務店経営に役立つ情報を提供していきます。
よろしくお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           小難しい断熱のうんちくより重要なこと
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

来年のBAUメッセに行こうと思っておりますが、
いまいち反応が薄いので本当に自分の学習のためだけにいこうかなと思っております。
誰か一緒に行きませんか?
  
日本国内ではZEH・エコ住宅議論が盛り上がっておりまして、
どの工務店さんも興味津々という感じではないでしょうか。
  
で、性能はどこまで上げればいいのか?
という話になってきますが、個人的にはこう思っています。

最低性能は、UA値0.6(つまり、ZEHグレードです。)
 
これであれば4等級はクリアいたしますので、建売よりもいい性能だと言えます。
さらに、大手ハウスメーカは軒並みこの性能ですから、
大手ハウスメーカと同じ仕様ですよと言えるでしょう。
 
ですが、断熱を売りにしたいのであれば、UA値0.48~0.46を狙ってください。
  
これは、ZEHの補助金の1次審査で通ったグレードです。
また、HEAT20という仕様ではG2グレードという事になります。
 ZEHグレードの20%UPです。

この仕様で現在の住宅の性能としては充分です。
これではあればBELSのファイブスター(5星)が普通に取れます。

さらに、『地域で一番エコな家を建てています』と胸を張って言いたいのであれば、
UA値は 0.35~0.25を狙わないといけません。
これは、一条工務店やスウェーデンハウス並みの性能になります。
このあたりにいくと、普通に生活していれば、東京であれば真冬でも室温が18度を
下回ることはなくなるでしょう。

ここまで行くと外断熱が必要なレベルになります。
ですが、当社の場合は真空断熱材(VIP)とウレタンの組み合わせで、
充填断熱だけで対応できる水準なんですよね。

正直なところお客様は、外張り断熱とかUA値とか小難しいことは全然理解していません。
また、皆さんも小難しいことは理解する必要はありませんが、
でも自社の進むべき道は全部解った上で判断しないと、競合に打ち負かされる事になりかねませんね。
 
そのための仕様決定をする時のお手伝いはいたしますよ。
お声をかけてください。
 
様々な工務店経営の課題(集客・営業・跡継ぎなど)を受け付けております。
何なりとご質問ください。
早急に対応させていただきます。
お問い合わせフォーム

フェイスブックの友達をもっと増やしていきたいので、
良かったら工務店経営者の方々をご紹介いただきたいと思います。
フェイスブックでは、決して感じの悪い事や売り込みをしませんのでご紹介いただいても、
問題ないことをお約束いたします。
湊洋一FaceBook

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★

本記事はMXエンジニアリングのメルマガにて配信しています。

下記よりご登録頂きますと、ご指定のアドレス宛に
メルマガをお届けします。

メルマガ登録はこちらから

★☆ メルマガ発行元☆★
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋3-4-3 坂田ビル 7F
株式会社MXエンジニアリング 
TEL:03-3265-4881/ FAX:03-3265-4882
☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★

«      »