日刊MXニュース

★1分で読める!ほぼ日刊MXニュース ★ Vol.82 2016年10月15日号

おはようございます。

今日も『1分で読める』をテーマに工務店経営に役立つ情報を提供していきます。
よろしくお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  HEAT20 設計ガイドブック+PLUS
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

HEAT20という民間の仕様があります。
そちらが出しているエコ住宅のガイドブックです。
アマゾンで購入できます

http://amzn.to/2e9pneg

民間、民間といいますがHEAT20というのは、
2020年に向けて住宅の仕様をどうするか考える
建築系の学者組織になっています。
また、断熱メーカーさんの団体なので当社も会員になっています。
http://www.heat20.jp/

つまり、政府に関しても影響力があるという事ですね。
実際に、ZEHの規格作りなどの部分でもHEAT20からの
アドバイスがあったのかなと思える現象があります。

それは、HEAT20のG1、G2グレードと呼ばれる
断熱(外皮)性能に現れています。
5地域(旧Ⅳa地域)のG1グレードが0.48、
G2グレードが0.34です。

ZEHの場合は、5、6地域はUA値0.6ですが、
補助金の基準は最低レベルで0.48です。
つまりG1グレードでした。
そして、5次、6次の補助金の採択レベルは、
0.3前後だったといわれています。
つまり、G2グレードを目標にして、
競合が多かったので、さらに引き下げたという感じでしょうかね。

という事で、エコ住宅を考える上ではHEAT20は外せないと思っています。
ですので、是非とも、この書籍を買って
ぱらぱらとで良いので眺めてください。
今後の潮流がよく解ります。

現在は、G1、G2グレードですが、HEAT20ではこれで終わらずに、
さらにG3、G4グレードを競っている方向で動いているという事です。

断熱はどこまで追求すれば良いのか、
悩ましいことになってきましたね。

様々な工務店経営の課題(集客・営業・跡継ぎなど)を受け付けております。
何なりとご質問ください。
早急に対応させていただきます。
お問い合わせフォーム

フェイスブックの友達をもっと増やしていきたいので、
良かったら工務店経営者の方々をご紹介いただきたいと思います。
フェイスブックでは、決して感じの悪い事や売り込みをしませんのでご紹介いただいても、
問題ないことをお約束いたします。
湊洋一FaceBook

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★

本記事はMXエンジニアリングのメルマガにて配信しています。

下記よりご登録頂きますと、ご指定のアドレス宛に
メルマガをお届けします。

メルマガ登録はこちらから

★☆ メルマガ発行元☆★
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋3-4-3 坂田ビル 7F
株式会社MXエンジニアリング 
TEL:03-3265-4881/ FAX:03-3265-4882
☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★

«      »