経営ノート

「誰でも簡単にできる ZEHビルダー登録」

4月になって、ZEHビルダー登録が始まり、
SIIによる説明会が日本各地で行われています。
お申込は、SIIのWEBサイトで行えます。
https://sii.or.jp/zeh28/

既に東京、大阪など大都市の日程は終了して、残りの日程は下記の通りです。

 4月25日(月) 八戸 10:30~12:30 130名
 4月26日(火) 高知 10:30~12:30 111名
 4月27日(水) 高松 10:30~12:30 180名
 4月28日(木) 金沢 9:30~11:30 90名
            13:00~15:00 90名

この説明会は必須ではありません。あくまで任意参加の説明会です。
このほか、リクシル、YKKなどの大手建材メーカによる説明会も全国で行われているようです。

当社でも、5月9日に第2衆議院議員会館の会議室にて説明会を行います。
この説明会は、実際に省庁の担当者が説明に来るので、質問にもその場で答えていただきます。

 

ZEHビルダー登録

ZEHはまずビルダー登録が必要になります。
登録しておかないと、補助金申請の申請期間が短期間に限られてしまいます。
そのため、可能であれば全ての工務店様にはご登録いただきたいと思っております。
それでは、ビルダー登録の詳細についてみていきましょう。

まずは、登録できる工務店様の要件は下記です。

1.「ZEH普及目標」を有していること。
  これは2020年度までに50%以上とすればOKです。

2.ZEH普及目標を自社ホームページ、会社概要などに公表されていること。

3.ZEH普及目標の達成に向けて、具体的な普及策を有していること。

4.ZEHの実績を報告するとともに、報告事項の一部を自社ホームページ、会社概要などで公表すること。

5.経済産業省の所管補助金交付等の停止及び契約に係る指名停止措置を受けていないこと。

 

登録に必要な書類

1.ビルダー登録申請書

2.ZEH(Nearly ZEHを含む)事業計画書
  平成28年度~平成32年度の年間住宅受注目標(5年分)
  各年度のZEH(Nearly ZEHを含む)受注の割合
  目標達成に向けた具体策
   1. ZEH(Nearly ZEHを含む)の周知・普及に向けた具体策
   2. ZEH(Nearly ZEHを含む)のコストダウンに向けた具体策
   3. その他の取り組みなど

3.ZEH(Nearly ZEHを含む)目標の公表資料(自由様式)

4.会社概要(実施体制図が分かるもの。カタログ等でも可)

5.印鑑登録証明書(申請前3カ月以内に発行されたもの)

6.各種許可証・登録証の写し(建設業許可証、特定建設業許可証、建築士事務所登録証)

7.円滑にZEHビルダー業務を行う旨並びにZEHビルダー登録後に、
     実績報告
及びその一部の公表を行う旨の誓約書

8.暴力団排除に関する誓約事項

登録ビルダーは、SIIのWEB上に登録されていきます。
これはお客さまからみてもとても安心することでありますので、
もしご検討をされている方は、当社までご一報下さい。
ひな形などがありますので、お手伝いをさせていただきます。

(2016年4月21日)

<< 経営ノート一覧へ