経営ノート

「■コストダウン編9■工務店は今コスト削減をするべき」

最近はコスト削減に関して色々要望をいただく様になりました。

実際に、関西・九州地区で2度ほどコスト削減サービスのために行っております。

その中で感じたことをお伝えしておきます。

 

現在は、消費税の駆け込みと公共事業の発注増、震災復興特需、
職人の高齢化などで材料や職人がかなり足りていません。

実際、国産材や足場など取りあいになっているものもあり、
現場の雰囲気としては、コスト削減を受け入れるのは、かなり難しいと感じています。

 

しかしながら、安易に値上げを受け入れると、
消費税増税後の景気の減速の時に、コスト高になり、
またコスト削減を行わないといけないという悪循環に陥る可能性もあります。

そのため、工務店の社長様にあたられては、
コスト削減をあえてこの時期にぶつけて欲しいと思っています。

別に私を呼んでいただく必要はありません。

自社の業者さん、職人さんを集めて、1社1社コミュニケーションを図って、
コスト削減の可能性を探って欲しいのです。

今は無理でも3月には可能になるかもしれません。

また、ついでにお客さまをご紹介いただくべく準備をいただくのも良いかもしれません。

そのやり方は、また次回以降お伝えいたします。


■コストダウン編のバックナンバー■
コストダウン編1 アルミサッシのコストダウン方法
コストダウン編2 業者さんのコストの目安
コストダウン編3 給湯器のコストダウン
コストダウン編4 大工手間のコストダウン~前編~
コストダウン編5 大工手間のコストダウン~後編~
コストダウン編6 人工のコストダウンの基本
コストダウン編7 人工の相場を調査する
コストダウン編8 漆喰のコストダウン方法

<< 経営ノート一覧へ