経営ノート

「■コストダウン編14■工期短縮が最大のコストダウン?」

現在、石井先生によるコストダウン合宿に来ております。

中身は既にお送りしているDVDの延長線上なのですが、
さらにグレードの高いお話をしていただいています。

石井先生のメインのお仕事は、大手ビルダーなどの経営改善なのですが、
コストダウンの中身もとても素晴らしいものがあります。

そして、住設のコストダウンも、水道工事、電気工事などのコストダウンも
素晴らしいのですが、意外なお話しがありました。

工期短縮が一番のコストダウンになるというわけです。

工期は、確かに工務店様にとっては非常に重要な要素であると思います。
ですが、工期短縮がコストダウンになるというのがどういう理屈でしょうか?

例えば、工期90日の工務店A社と工期120日の工務店B社があったとします。
両社とも年間完工棟数が20棟、監督が1人だとすると、
A社の場合は5棟程度を同時に現場管理すれば良いところを
B社の場合は、7棟前後を同時にみないといけません。

同時に5棟と7棟を比べた場合は、1棟あたりの監督さんの給料を考えると、
監督さんの給料が35万円とすると1棟あたりのコストは、7万円と5万円になります。

当然ですが、監督さんが使えるリソースは限りがありますので、
工期が長い工務店の方が現場管理がおろそかになる計算です。

これはあくまで監督の給与の話になりますが、手待ちを無くして手早く工事を進めると、
最終的に職人の実入りも増えて、儲かる会社という認識をいただけます。

職人は同じ手間なら現場の数をこなしていく方が実入りは良くなりますから、
当然ですが工期短縮を心がけている工務店の方がいい職人が集まってきます。


■コストダウン編バックナンバー■
コストダウン編1 アルミサッシのコストダウン方法
コストダウン編2 業者さんのコストの目安
コストダウン編3 給湯器のコストダウン
コストダウン編4 大工手間のコストダウン~前編~
コストダウン編5 大工手間のコストダウン~後編~
コストダウン編6 人工のコストダウンの基本
コストダウン編7 人工の相場を調査する
コストダウン編8 漆喰のコストダウン方法
コストダウン編9 工務店は今コスト削減をするべき
コストダウン編10 コストダウンセミナーのご案内
コストダウン編11 職人手間を減らす方法
コストダウン編12 職人手間を減らす合理化案とは
コストダウン編13 住設メーカの変化

<< 経営ノート一覧へ