経営ノート

「■コストダウン編1■アルミサッシのコストダウン方法」

アルミサッシは、現在、たった3社しか企業が無くなってしまいました。
そのため、コストダウンといってとても厳しいのが現状です。

その中で各社はそれぞれに、特徴のある戦略をとっているようです。

 

YKKは、現在直販部隊を強化しています。

そのため、中規模以上の工務店は、初取引において
直販ルートを確立する事ができる場合があります。

リクシルは、自社系列の代理店を再編して、代理店網の強化を行っています。

三協立山は、一番マーケットシェアが少ないため、
工務店のサービス向上以外にこれといった戦略を打ち出せていないようです。

3社の中で、三協立山が一番価格的に柔軟に対応いただけるようですが、
所長クラスの決断力次第という感じになっております。

 

過去20社以上のコストダウンのお手伝いをした感覚でいえば、
現在のコストダウンの最安値は20~24%です。

つまり、掛け率が30%を超えている会社で年間10棟以上受注実績のある会社は
下がる余地がまだまだあります。

ただし、掛け率はこんな感じで下がっていきますので、
いきなりは難しいと思います。

45%前後⇒40%⇒35%前後⇒32~3%⇒27~28%⇒24~5%⇒22~23%

ここからさらに下は、年間30~50棟の実績が無いと難しいと思います。

 

掛け率を追えない場合は、
・同じ価格で仕様をUPする、
・仕様を若干下げて価格も下げる
などの対応を迫ってください。

そちらはわりと簡単に飲んでくれると思います。

ちなみに、ガラスの厚みは5mm、4mm、3mmとあり
通常ペアは4+4mmとなっています。

ガラスには掛け率がないので1枚あたりで1~3万円違う場合がありますので、
同じサイズのガラス入りで比較する事が重要です。

<< 経営ノート一覧へ