経営ノート

「■経営コンサルタントの頭の中13■行動を変えて結果を変える」

前回は、「結果を変えたければ行動を変えた方がいい」というお話をさせていただきました。
その方法論を今月はもう少し考えていきたいと思います。
自己啓発セミナーみたいで恐縮ですが、かなり効果があるもんですから、
ちょっとだけおつきあい下さい。

売上を上げて、収益を上げて、受注棟数を伸ばすために、
行動を変えた方がいいというのはご理解いただけたでしょうか?

年間10棟以下の工務店さんと、100棟受注する工務店さんでは、
スタッフの数が違うのは外から見れば一目瞭然だと思います。
ですが、何が一番違うか?といえば、社長が普段何をやっているか?です。

本当に社長がやっている事は全然違うのです。
100棟受注する工務店さんで、自分で営業をする社長はほとんど居ません。
大概社員が見学会を運営して、社員が受注をして、問題があったときだけ社長が出ていきます。
その代わり社長は、集客の状況を常に見て、受注棟数を確認して、
常に細かい集客のためのチラシなど、広告宣伝の微調整をやったり、
WEBサイトの修正をしたり、新しい商品の仕込みをやったりしているのです。

10棟受注する工務店の社長が1、2ヶ月先のことを見ているとすれば、
100棟受注する会社の社長は、半年、1年ぐらい先、あるいはもっと先を見ているわけです。

別に全部の工務店様が100棟ビルダーを目指しているわけではないと思いますので、
100棟ビルダーの社長になるための方法論をお伝えしたいわけではありません。

ただ、儲かっている工務店様と全然儲かっていない工務店様の差は、確実に存在するわけです。
それは、マーケットの差でも、タイミングでもなく、社長の行動の差以外に何物でもありません。

では、何をどうすれば良いのでしょうか。
どうすれば、売れて儲かっている社長になれるのでしょうか。

それは、とても簡単ですが、ほとんどの人がやっていないことです。
皆さんは、多くのセミナーにいって、集客が上手くいった方法を聞いて帰ってくると思います。

上手な営業の仕方を聞いたりすると思います。
無料でも、有料でもどっちでも構いません。
なるほど確かに、効果がありそうだと思うことがあったかもしれません。

では、それを会社に帰って直ぐにやるかどうか?
これが、儲かっている社長と儲からない社長の差なのです。

そうすると、こうおっしゃる方がいらっしゃるかもしれません。
確かに、良いといわれてやったけど、全然効果が無かったから止めたんだよ。

ですが、他社にとっては効果があったことなんですよね。
そして、貴社にとってはほとんど効果が無かったとしたら、
どうして効果が無かったのか?どうすれば効果が出るのか?解っているのでしょうか?

そこを理解した上で、止めるという選択をされたというのであれば、それはそれで構わないのですが、
1回、2回やったけど効果が無かったから止めた、
どうせ大したノウハウじゃ無かったんだよねという感じで、
これまでと同じようなことを繰り返しておられるとすると、非常にもったいないです。

時間もお金も無駄にしています。
さらに、どこに問題があって、上手くいっているノウハウと自社は何がどう違うか?
の問題意識もない状態で、ただ無駄だったという意識だけが残るとすると、
それでは成功体験がなかなか得られないと思うのです。

それには、行動を一歩進めて、習慣にするという意識が重要です。
行動を継続して、習慣という域まで高めるとかなりの確率で継続できます。
行動を習慣にするために必要な時間は、3週間と言われています。

何かを学ぶ、何かを続けて行うというときは、我慢して3週間続けて下さい。
その3週間があなたの会社を大きく変える原動力になると思います。
今日は、長々と説教臭いことを書いてしまいました。
次号からは、またマーケティングの考え方の話をしていきたいと思います。

(2016年7月20日)


■経営コンサルタントの頭の中 バックナンバー■
(1) 経営コンサルタントの頭の中
(2) FC住宅が売れない理由
(3) 住宅営業で契約をとるために
(4) 集客と住宅営業のノウハウ
(5) お客様の声を役立てよう
(6) お客様目線を大切に
(7) 工務店経営の悩みとは?
(8) 広告宣伝費と粗利率の関係性
(9) 利益に繋がる時間活用術
(10) 広告は反応率を測定して改善
(11) 工務店WEB制作の失敗例
(12) 努力を続けて業績アップ

<< 経営ノート一覧へ