経営ノート

「■経営コンサルタントの頭の中12■努力を続けて業績アップ」

行動と結果について最近考えていることを書いてみたいと思います。
というのは、意外なことではありますが、面白い考えの方が多いなと思ったからです。

それはどういうことか?というと、
『今までの行動を何も変えないのに、結果だけが変わると思っている』人がいるということです。
つまり、社長や社員が今まで通り同じことをやられているのに、
急にいい結果が生まれると思っている方がいらっしゃるということなのです。

でも、実際にはその通りで、僕も学生やサラリーマンの時に思っていたのは、
『何かいいことが起きないかな?』というものです。
このことに関していえば、何かいいことが起きるとそれはその後に大きな不幸が待っていたりします。

要するに努力せずにつかみ取った幸運は、ずーっと手の中にはいないという意味です。
ところが、人間は不思議なもので、その幸運は特別にいいことではなく、
自分の実力であり、これが普通だと考える生き物です。

その場合は、特別な幸運が去ると、今まで何も努力していなかった自分が残るというわけです。
これが、ある意味大ラッキーの後に起こる、企業の破綻や、自己破産という悲劇の正体です。
ですから、端的に言えば、結果を変えたければ、行動を変える以外にはありません。

これは、厳しいようですが我々が住んでいる社会の真理です。
お客様が最近少ないのも、契約がなかなか取れないのも、
社員の態度が悪いのも、奥様がなかなか優しくしてくれないのも、すべて自分が原因なのです。

なので、それらに関しての不満があるのであれば、是非とも行動を変えてください。
たとえば、お客様が少なくなってきたら、チラシを工夫する、チラシの枚数を増やす、
ネット集客についてきちんと学んでみる、フェイスブックを始めてみる、
ニュースレターを見直す、ポスティングをやってみる、既存客に紹介をお願いする、
出入りの業者に紹介をお願いするなど、ぱっと思いつくだけでも沢山あります。

これをリストにして一つ一つやってみてください。
すぐに効果は出ないかもしれませんが、
最低3ヶ月、できれば半年続ければ必ず効果が上がるものばかりです。

契約が取れないのであれば、まず事務所を掃除して清潔にする。
ご自身のファッションを見直す。ターゲットとするお客様を見直す。
商品を見直す。価格を見直す。提案するプロセスを見直す。
どこかの営業セミナーに行ってヒントをつかんでくるなどなど、いろんな手が考えつきます。

社員の態度や奥様の機嫌なども、同じように複数の手段を考えて、
一番効果がありそうなことから実行してみてください。
いずれにしても相手があることですし、
長年同じことを繰り返してきているわけですから、すぐには何事も変わりません。

ですが、ここで重要なのが、続けること
1週間、3週間、2ヶ月、半年と続けば、今までと何かが変わったと感じた相手は、
必ず態度を変えてくるはずです。

そのときは気持ちが入れ替わったとしても、
来週、再来週には元に戻っているのだとすれば、それは変えたことにはなりません。
考えを変えるというのはなかなか難しいので、
まずは行動を変えることから始めてみてはいかがでしょうか?

そのことが、最終的に自分の考えを変えて、業績を大きく向上させることにつながります。
是非、実践して結果を教えてください。
詳しいお話が聞きたければ、もちろんお電話いただければ対応させていただきます。

(2016年6月20日)


■経営コンサルタントの頭の中 バックナンバー■
(1) 経営コンサルタントの頭の中
(2) FC住宅が売れない理由
(3) 住宅営業で契約をとるために
(4) 集客と住宅営業のノウハウ
(5) お客様の声を役立てよう
(6) お客様目線を大切に
(7) 工務店経営の悩みとは?
(8) 広告宣伝費と粗利率の関係性
(9) 利益に繋がる時間活用術
(10) 広告は反応率を測定して改善
(11) 工務店WEB制作の失敗例

<< 経営ノート一覧へ