経営ノート

「■21世紀の集客術7■住宅販売に活かせるブログの書き方」

今月はブログについて、間違っている常識などが沢山あるのでお伝えしていきたいと思います。

 

間違った常識 1 とにかく何でもいいから書く  

これはブログを書くことに抵抗をなくするためにやることです。
プライベートをどんどん書くというのも、間違っているとは言いませんが、あまりお勧めできません。

理由は簡単で、集客のためにブログを作るのであれば、
お客様が検索したときに見てもらって、興味を持ってもらうブログにする必要があるわけです。

OBのお客様や見学会来場者に見てもらって、人となりを見てもうというのであれば、
プライベートで何をやっているかというのは重要ですが、集客ではそれ程必要性はありません。
家族の話題はともかく、昼ご飯にラーメン食べただとか、
宴会で出た刺身が美味しかったみたいな話は書いてもいいと思いますが全体の2割以下程度をお勧めします。

では、何を書けば良いか?といえば、第一にお金にまつわる話。
第二に家の設計、プラン、構造などの技術的な話です。

家関係で一番検索数が多いのは、『住宅ローン』なんです。
土地、戸建て、マンションなどよりも検索数が多いキーワードになっています。
月間に100万人が検索はしています。

とすれば、お金にまつわる話は絶対に興味がある話題なのです。
皆さんのブログには住宅ローンの話はどのぐらいでてきますか?
このトピックは多ければ多いほど良いと思います。是非、この話題の記事を書いてくださいね。

 

間違った常識 2 無料ブログで良いから書く

これまでは、アメブロ、ライブドアブログなどのブログサイトで
何でもいいのでとにかくブログを始めるという常識がありました。

ところが、これは2つの面でダメな行為なのです。
1つ目は、無料ブログを無料で使い続けていると、 広告が表示されること。
この広告に最近は大手ハウスビルダーの広告がどんどん表示されるようになっています。
試しに、貴社のブログを開いてみて下さい。広告が表示されるようになっていると、
お客様のPCでは、貴社の競合が広告に表示されているかもしれません。

2つ目は、ダメなのはせっかく良い記事を書いても、
自社のホームページの流入にはほとんど役に立たないという事実です。
つまり書けば書いただけ無駄骨になっている可能性があります。

ではどうすれば良いかというと、自社のサイトに記事を載せるようにするのが正解です。
ワードプレスをインストールすれば、自社サイトにブログを開設することが可能。
そこにお客様の家づくりに役立つ記事をどんどんあげていくようにして下さい。

そうすれば、かなりの確率でお客様が自社のホームページ内を回遊してくれるようになります。
お客様が見れれば見るほど、資料請求や電話相談の可能性が飛躍的に上がります。

記事が書けないという方は、外部のスタッフに書いてもらう事も可能です。
もし、お客様に役立つブログを開設したいとお考えの方がいらっしゃれば、ご相談下さい。
無料でサポートさせていただきます。

(2016年8月22日)


■21世紀の集客術 バックナンバー■
(1) SNSを活用して集客する
(2) 各SNSの特徴と活用法
(3) SNSで情報を発信しよう
(4) フェイスブック広告を活用しよう
(5) 郵便局と新聞販売店を有効活用
(5) 集客できるポスティングの裏ワザ

<< 経営ノート一覧へ